k’s 独り言(バックナンバー)

 新型コロナウイルスの影響で今年のMDRT年次総会はヴァーチャル開催になり、本日8月3日から事務所にて参加中。
MDRTの会議は今年で19年目だが、いつもは渡米してクーラーのガンガン効いた会議場で、ヘッドセットから流れる同時通訳を聞きながらノートにメモしているのだが、デスクでディスプレイを眺め、スピーカーから聞こえる講演を聴くのはリラックスできて良いかも。
2020年8月3日
 あけましておめでとうございます
平成28年もどうぞよろしくお願いいたします
平成28年元旦
 平成27年6月13日-17日 MDRT年次総会(世界大会)がJAZZの街New Orleansで開催されました
今年は世界各地から1万人のメンバーが集まりました。お国の勢いでしょうか、中国からは2,000人が参加したそうです。
日本からは800人程度が参加した模様。昨年までと違うのは、投資や資産運用をテーマにした講演があったことでしょうか。リーマンショック以来、この手の話はまったく聞かなかったのですが、アメリカの景気 だいぶ好調なのではないでしょうか。また今年も、PGAボランティアを仲間と一緒にさせて頂きました。木下ADのもと、土曜日にMDRT Storeのオープニングから2時間バッジやペンダントなどの販売を手伝いました。月曜のPartyで中原由賀ディレクタに急遽スカウトされ、火曜早朝6時よりSPECIALSessionの受付誘導の仕事をさせて頂きました。どちらのボランティアも他国の仲間も一緒に楽しみながら行えました。
 娘が成人式を迎えました
妻が20歳の時に着た「きもの」を娘も着ました
30年近く前の「きもの」ですが
なんだか、娘の雰囲気に合っているようです
平成27年1月11日
あけましておめでとうございます
独立開業して2年目に入りました。
昨年以上に仕事に遊びにがんばりたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
平成27年元旦
中学の同窓会が開かれました
1976年3月に卒業なので、みんな凄いおじさんとおばさんなんだけど、40年前に戻っちゃうんだよね。
今年で13回目になるけどいつまでも続くといいなっっと思います。
平成26年11月22日
平成26年7月30日 妻とヘリコプターナイトクルーズに行きました。
エクセル航空の浦安ヘリポートから飛び立ち、東京の夜をヘリコプターから観賞する素敵な20分です。
東京ディズニーランド・葛西臨海公園の大観覧車・東京タワー・東京スカイツリー・東京駅・首都高速道路と
ヘリコプターから眺める東京の夜景は、まさに「宝石箱をひっくり返した」ようでした。
ご興味があればインターネットでエクセル航空を検索してみてください。
ご夫婦でのデートにおすすめいたします。
平成26年8月
平成26年6月7日-12日MDRT年次総会(世界大会)がカナダトロントで開催されました。 
世界中から8,500名を超える生命保険営業が集い会議と研修をする一週間です。意外かもしれませんが生命保険の販売スキルの話は全くありません。大きな苦難を乗越えた人や想像を絶する経験をした人の経験談、ボランティア活動のリーダーから参加者へのメッセージ、そして冒険家の講演など、心が洗われたり勇気を貰う話がいっぱいです。因みに会議中参加者から寄付金も募っています。毎回50万ドル以上(日本円で5,000万円以上)の寄付が集まります。凄いでしょう。「自分が今出来ることをやる」っていう人が多いんですね。勿論私も毎回寄付してますよ。
会議の運営が参加者のボランティアで成り立っている事もMDRTの特長です。
今大会、アシスタントディレクターADというボランティアリーダーを仰せつかり、17人のメンバーを取りまとめTeam Sanoとして会議運営に携わりました。改めて日本人メンバーの真面目で勤勉に業務遂行する姿勢が高く評価されたことを皆様にご報告させて頂きます。平成26年6月30日
 平成26年4月10日〜11日 第44回MDRT日本会大会が東京ビッグサイトで開催された。
今回のテーマは「Harmony〜MDRTの原点への回帰〜」
平成25年度ぼMDRT日本会行事の締めくくりということで
開会式では、MDRT日本会千葉・茨城ブロックのブロック長として30名のブロックFastTimerを引き連れて
フラッグを振りながらステージに登壇いたしました。
ちょっと恥ずかしかったけど、楽しかったです。
実は前日夜10時頃にこのフラッグ振りと入場のリハーサルを真っ暗なビッグサイトで行いました。
リハーサルのかいあってうまく入場できたようです。
平成26年4月13日
 平成26年1月22日ホテルグリーンタワー幕張に於いてMDRT日本会千葉茨城ブロック研修会がjかいさいされました
今年度千葉茨城ブロック長を引き受けており、最初に挨拶をさせて頂きました。
テーマは夏に引き続き「我々の原点〜使命」とさせて頂きました。
MDRT2009年会長のWalton W. Rogers氏のメッセージビデオで研修会はスタートしました。
メイン講師は税理士の井上得四郎先生にお願いし、「経営者のライフプラン」をテーマに前半90分後半90分と
たっぷり、経営者の支援についてお話し頂きました。
平成26年1月22日
 
平成25年も残り2ヶ月になりました。
京葉線海浜幕張駅の南北両サイドにビジネスツインビルがそれぞれ建っています。
南側(メッセ側)には幕張ワールドビジネスガーデン、北側(山側)には幕張テクノガーデン。
テクノガーデンは毎年クリスマスに向けイルミネーションをきれいに装飾されています。
今のシーズン、夕方5時を過ぎると幻想的でとても素敵な雰囲気です。
お近くに来られたらぜひご覧ください。
それにしてもまだ8週間もあるのに、もうクリスマスのイメージなんですね。
平成25年11月1日

 
 平成25年8月27日ホテルグリーンタワー幕張jに於いてMDRT日本会千葉茨城ブロック研修会が開催されました。
今年度千葉茨城ブロック長を引き受けており、最初に挨拶をさせて頂きました。
テーマは「我々の原点〜使命」とさせて頂きました。
ソニー生命分会の鎌田聖一カ会員による講演を1部
ビジネスコーチである吉武永賀氏による講演を2部
MDRT会員とアスピラント総勢120名による大懇親会を3部として
12時から19時までたっぷり「我々の原点〜使命」について考える一日となりました。
講師をお引き受け頂いた鎌田さん、吉武さん、ありがとうございました。
平成25年8月31日
 

2013年6月12日午前9時25分 場所はPhiladelphiaのPennsylvaniaConventionCenter 201会議室
私にとって記念すべきMDRT Annual Meeting 初めてのスピーチをさせて頂きました。
ほんの数分と短いものでしたが、皆さんの前で、私の考える「我々の使命」についてお話しいたしました。
あとで、いろいろな方から「いい話だったよ」と言って頂き握手を求められました。
お世辞かもしれませんが、皆さんの役に立てたのなら嬉しいです。
平成25年7月5日
 
 
6月7日〜15日 Philadelphiaで開催されたMDRT Annual Meetingに行ってきました。
MDRTにはより良き人間を目指すホールパーソンコンセプトという考え方があります。
(1)家族(2)健康(3)学習(4)キャリア(5)サービス(6)財政(7)精神
今回のMDRTのある講演者は
「仕事で大きな成果を出すことはもちろん大切だが、家族と過ごす今という時間は仕事以上に大切である」と
言うことをご自身の家族を失った経験から話されていたのが心に残りました。
また今年もMDRT2009PresidentのWalton W. Rogers氏のご厚意によりPowerLaunchをさせて頂きました。
元会長というお立場からとてもお忙しい中時間をとって頂きました。まさにホールパーソンです。
平成25年6月23日
 
6月7日〜15日 Philadelphiaで開催されるMDRT Annual Meetingに行ってきます。
Philadelphiaは建国の街として知られています。またロッキーでもおなじみですね。
New Yorkからはクルマで2時間半くらいでしょうか。
9日土曜日のPGA Meeting(Volunteer Meeting)から始まり、12日のClosing Partyまで5日間参加してきます。
エネルギーを充填してClientの皆様に情報をお届けしたいと考えています。
平成25年6月4日
 
 今週はMDRT週間 大阪に行ってきます。
9日〜11日 ハイアットリーリージェンシー大阪にて 分会の総会と研修会
11日〜12日 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて 日本会の総会と研修会
全国の仲間に一年ぶりにお会いするので今から楽しみ
今年もPGAボランティアする予定です
MDRTのメンバーの皆さん宜しくお願いします
平成25年4月8日
 
 
今日は本当にすごい天気。
八街市は赤土の土地でこの風だと前が見えないくらいすごい。
自動車運転は気をつけないと正面衝突しそうなくらい見通しが悪い。
窓やドアの隙間から微粒子状の土が入ってきて大変。
風がやんだら大掃除しないと・・・
平成25年3月13日(水)
 

普段は家族全員がそろうことは滅多にありません。
お正月と言うことで 母親が遊びに来ており、長男も戻ってきていたので、
そろって家族写真を撮りました。
平成25年1月3日
 

あけましておめでとうございます。
平成25年1月1日
 
狛江第三中学校第三期卒業の同窓会がありました。
平成14年11月16日に狛江駅近辺の居酒屋で初めて開催した同窓会も今回で11回目になりました。
第1回は40名以上が参加しましたが、今回は16名。
だんだんと参加人数が少なくなるのはちょっと寂しい
だけど毎年このシーズン、懐かしい顔を見られるのとてもたのしいことです。
中学校を卒業して35年以上の時間が過ぎ、我々も50歳をとうに超えてしまいました。
もうすでに子供達も早い人は社会人ですから、今でもこうして会って話ができることがすごく幸せなことだと思います。
平成24年11月17日
 
9月15日〜16日 リレーフォーライフ千葉に参加しました。
リレーフォーライフご存じですか。青空の下に集ったさまざまな人たちが、がんに立ち向かう日々の思いや体験を語り合い、リレー方式で24時間歩きながら寄付を募るイベントで、がん患者さんと家族、がん経験者に対して勇気と希望を与える場となっています。2006年につくばで初めて開催され、今年は全国36カ所で開催されています。
リレーフォーライフについてはリレー・フォー・ライフ・ジャパンのホームページをご覧ください。
MDRT日本会千葉茨城ブロックでは、キャンサーコネクトの代表藤田雄一氏に講演をお願いしました。
テーマは「がんで苦しむお客様に何をしてあげられるか?」で、2回の講演も好評でした。
平成24年9月16日
 
 6月8日〜16日 アメリカアナハイムで開催されたMDRT Annual Meeting(年次総会)に参加して参りました。
世界中80カ国以上から集まった7000人の生命保険・金融アドバイザーのトップエージェントが5日間、
一緒に過ごす年に1度のビッグイベントです。今年も土曜日のPGAボランティアミーティングから参加し、
日曜日午前中はRegistrationという受付業務のボランティア、午後はFastTimerOrientationという初参加のメンバーに
MDRT Annual Meetingの過ごし方や楽しみ方をお伝えする先輩ホストのボランティアを務めました。
一緒に行った仲間9人でMDRT2009PresidentのWalton W. Rogers氏とお茶会も開きました。
我々の仲間の9人のうち、6名がFastTimerと呼ばれる初参加者だったこともあり、Walton W. Rogers氏は
メンバーの質問に優しく丁寧にお答えいただきました。本当にすばらしい方です。
平成24年6月17日
 
 6月1日・2日の両日、日本全国の保険エージェントが幕張メッセに集いました。
JAIFA(公益社団法人生命保険ファイナンシャルアドバイザー協会)という団体が設立50周年を迎え
幕張メッセで記念大会が開催されました。(前身の生命保険外務員協会時代から50年です)
二日間延べ12000人が来場されたようです。
今年の理事長(以前は会長と呼ばれていましたが)が我が千葉ライフプランナーセンターの仲間の鍛冶さんと
言うことでセンターの100名以上の仲間がPGAと呼ばれるボランティアホストをさせていただきました。
平成24年6月5日
 
長女が第7回全国高等学校なぎなた選抜大会に出場しました。
幼稚園から中学まで運動らしい運動をしてこなかった娘が高校でなぎなたを始め、
高校2年で団体戦千葉県代表になりました。我が家の3人の子供の中で一番運動が苦手な娘が全国大会に出ると聞き
有給休暇を一日いただき23日から25日まで夫婦二人で応援に出かけました。
(新婚旅行以来の夫婦二人っきりのプライベート旅行です)
一回戦を勝利したものの、二回戦では延長の末敗れてしまいました。
それでも、夫婦は娘の応援ができ、最高に楽しみました。
あーちゃん、よく頑張りました。お疲れ様。お父さんの自慢の娘です。
平成24年3月26日
 
 あけましておめでとうございます。
Ksano.com は平成16年4月に立ち上げましたので、あしかけ9年目に入ります。
狛江三中同窓会の写真は平成14年分からアップしてあります。
不定期で更新しています。たまにksano.comを訪れていただけたら幸せです。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
平成24年元旦
 
 我が家のリフォームが完成しました。
今回は思い切ってタイルの外壁に挑戦しました。
1階部分はベークドアイアン色のタイル。2階はサンドベージュのフッ素系塗装。
屋根には、シャープの太陽光発電システム6.33Kw。(今朝10時少し前4.5Kw発電していました)
1階リビングと玄関に夜間電力を使用する蓄熱暖房のシステムを2台。
このシステムは200V60Aと200V50Aの専用電源を引きました。
基本的にサッシ窓を二重サッシ化しました。(ジャロジーと出窓が二重サッシにできませんでしたが)
遅くなったけど、お正月に間に合いました。いつもより少し暖かいお正月が迎えられそう。
平成23年12月28日
 
 先日、中学の同窓会があった。42歳で始めて、今年で10回目(10年目)。
途切れず続けてこれたことがなんだか、すごいと思う。
卒業して36年経つけど、みんなが普通の同級生っていう感じで嬉しい。
今年の写真もアップしたので、同窓生のみんなはぜひ、そちらを見てください。
あと、私から同窓会に参加したみんなにクリスマスプレゼントを用意しているので、お楽しみに!
平成23年11月29日
 
昔映画館で観た映画「Contact」を Blu-rayをレンタルして観た。電波伝搬や通信がストーリーで鍵になるため、
ARRL(アメリカのアマチュア無線連盟)が監修をし、当時無線界では話題になった映画だ。
ジョディ・フォスター演じる研究者エリーが26光年かなたから送られてきた人工的な信号をキャッチし、物語が進む。
物語には巨大な電波望遠鏡が登場するが、これは、いわゆるパラボナアンテナが基本になる。このアンテナの反射器がパラボナと呼ばれお皿の形状をしており、Dish(ディッシュ)とも呼ばれる。
物語のなかで、エリー博士が助手に向かって、「いつからDish(アンテナ)が使える?」と質問するシーンがあるが、
日本語では「いつからお皿が使える?」という台詞になっており、
ご丁寧に字幕では「ごちそうは?」となってしまっている。
日本語スタッフには、無線や通信に通じている人がいなかったようで、真面目なシーンがお笑いになってしまった。
平成23年9月10日
 
韓国テグの世界陸上で注目 義足のスプリンター・南アフリカのオスカービストリウス選手。
北京オリンピックで義足のスイマー・南アフリカのナタリーデュトワ選手が水泳競技に参加して感動したが、
今度もまた南アフリカからやってきたオスカーが、世界を感動させるに違いない。
障害者がパラリンピックに出場する姿は、見かけるようになってきたが、健常者と世界で競う事のすごさは、半端なことっではない。健常者であって世界最高峰の競技会にでることは大変な偉業であり、からだに障害を持つ者がこのステージに登ることはとんでもない努力の結果なのだと思う。
前出のナタリーの座右の銘
「ゴールにたどり着けない事は悲劇ではない。たどり着こうとするゴールを持たないことが悲劇なのだ」ということば
やはりすばらしい!!
平成23年8月16日
 
 
MDRT Annual Meetingから帰ってまいりました。
今回は大会を通じTraffic General Task Force というボランティアをお引き受けしました。
会議が始まる前日4日にボランティア会議があり、8日のエンディングパーティまでボランティアハットをかぶりました。
勿論会議にもしっかり参加でき、パーティでは国際交流?もできました。
今年の参加は6500人だそうで、前回より1000人増えたようです。
今年のテーマは、「最悪は脱した、これから前を向いてリスタートしよう!!」みたいな感じでした。
平成23年6月11日
 
 昨日までの雨も上がった。
いよいよ今日成田からアトランタに出発。
MDRTの年次総会と研修、ボランティアの毎日だけど、すっごく楽しみ。
行ってきます・・・
平成23年6月3日
 
 
関東も梅雨入りです。例年より2週間程早い。今年は長い梅雨になるのかしら。
さて、来週3日にはアトランタに向けて出発。毎年の事だが、MDRT Annual Meeting 楽しみです。
平成23年5月28日
 
 21日、スーちゃん(田中好子さん)が亡くなられた。ご冥福をお祈りします。
1977年7月、日比谷野音で、泣きながら「普通の女の子に戻りたい!」と言って9月に解散しますと宣言したキャンディーズ。その直後の日曜朝、文化放送「ゴーゴーキャンディーズ」はその模様の録音を流し特別放送になった事を思い出す。結局はファンや渡辺プロとの調整で1978年4月4日後楽園球場でのファイナルコンサートで解散に決まった。この後のキャンディーズファンの集いで、ファイナルコンサートの選曲でのリクエストをファンから意見を聞いた。この時高校生だった私も後楽園で最後のキャンディーズを応援した。キャンディーズ結成時から4曲はスーちゃんがセンターで、「年下の男の子」からはランちゃんがずっとセンターだった。解散前にミキちゃんがセンターで一曲リリースしたのが「わな」という曲だった。そしてキャンディーズ最後のシングル「微笑がえし」でオリコン1位を獲らせるため、大学生が中心だったキャンディーズのファンクラブがものすごい勢いで協力しあったのも有名な話である。

平成23年4月24日
 
 大震災から、今日でちょうど1か月。死者は1万3千人を越え、不明者もまだまだたくさんいらっしゃる。
テレビに映し出された男性のはなしに胸が痛む。奥さんとお姉ちゃん、弟の4人家族だったが、生き残ったのはこの男性ひとり。奥さんと男の子の亡骸は見つかったが、お姉ちゃんが見つからないという。見つかった奥さんと男の子の埋葬されたお墓が15Kmも離れてしまっているという。早く弟さんを見つけて3人一緒に天国で過ごせるようにしてあげたいという。
行方不明の方の一日もはやくみつかることを願うばかりだ。
今日も大きな余震があった。まだまだ安心はできなさそう。これからも気をつけよう。
平成23年4月11日
 
4月8日(金)夜8時に「太陽にほえろ!」が放映される。
日本テレビ系で1972年にスタート1986年まで放映された伝説の刑事ドラマだ。
何度が再放送されたが、いつも松田優作の「ジーパン刑事」編以降だったため、
私の一番好きなショーケンの「マカロニ刑事」編は中学1年に見たオリジナル以降見ることができなかった。
この頃は家庭用ビデオが普及する前なので、録画もしていない。
今回はローカルな千葉テレビでの放送だが、この「マカロニ刑事」編の第1話「マカロニ刑事登場!」が見られるので
いまからムッチャ楽しみ。同年代で、千葉テレビ試聴可能な人は要チェックだ。
ついでになんだが、その前の時間帯は「ゆうひが丘の総理大臣」だ。
平成23年4月3日
 
 被災された方・関係者の皆様にお見舞い申し上げます。
3月11日の地震発生から6日目になりました。被害状況が拡大している情報に接し胸が痛みます。
原子力発電所の問題についても、心配でたまりません。
友人がFacebookでシェアしていた情報に目が止まりました。
遠くからでもできること、すべきでないこと、被災地の人々に迷惑をかけずに助けとなるための行動法
をリンクしてみました。
なるほどと考えさせてくれる内容でした。 
平成23年3月16日
 
昨日の地震で被災された皆様、そのご家族・関係者の皆様にお見舞い申しあげます。
わが家は大きな揺れでガラス食器などが落下して壊れた程度で済みましたが、地震と津波の本当の恐ろしさを知りました。
福島の原発も心配です。
今回、安否確認について改めて考えさせられました。半日停電になって、パソコンでインターネットが接続できず困りました。福島に行っていた長男と連絡をとりたかったのですが、停電でPCのメールは使えず、docomoは電話・メールとも昨日15時以降繋がらず、まったく機能しませんでした。
iPoneを持っていたので、こちらでメールのやりとりができ助かりました。
今回もう一つ学んだことは災害用伝言ダイヤル「171」を覚えておくと有効だということ。
◆被災者の方 1.伝言ダイヤル「171」を押す。 2.自宅の電話番号を押す。 3.伝言を録音する。
◆安否を確認したい方 1.伝言ダイヤル「171」を押す。 2.安否を確認したい方の電話番号を押す。 3.録音された伝言を再生する。
もっとテレビで災害用伝言ダイヤル「171」を告知したら良いのではないでしょうか。皆様はどう思いますか。
平成23年3月12日
 
 
「感動かんたん!フォトムービー2」というソフトを導入しました。
いままで撮りだめたデジタルカメラによる写真データをムービー風に編集してくれるかなり便利なソフト。
妻の韓国旅行写真を皮切りに
次男の野球の写真・MDRTの写真・会社の表彰式の写真と
毎週のように編集して楽しんでいます。
デジタルカメラの写真がたくさんパソコンに入っている方にオススメです。
平成23年3月5日
 

明けましておめでとうございます。
本年もksano.comをどうぞよろしくおねがいいたします。
おかげさまで保険・金融業界の高い基準を10年連続クリアして、晴れてMDRTの終身会員になりました。
ご支援頂いた皆様のおかげでございます。ありがとうございます。
大好きなMDRTを紹介するページも新たに作りました。ぜひご覧ください。
平成23年元旦

「プロフハイチュウ」しってます?
ソフトキャンディのハイチュウはご存じですね。
パッケージをオリジナルの写真でデコレーション可能なの知ってますか?
「プロフハイチュウ」で検索するとわかります。
以前からチロルチョコでのDECOチョコというサービスは知られています。もちろんこちらも何度か作りました。
今回息子の野球をしている写真で2種類、MDRTの会長との写真で2種類作ってみました。
平成22年12月24日


今さら、「冬のソナタ」?
11月24日にDVD-BOXが発売されたのを妻にねだられて買ってしまいました。
妻の薦めで一話だけ観たところ、面白くてハマってしまい、イッキに20話全部観てしまいました。
これで、妻や義理の母とも「冬ソナ」談義が出来ます。
平成22年12月4日

昨年、一昨年と横浜で開催されたリレーフォーライフに参加したが、今年は千葉県で初めてリレーフォーライフが開催されたので、そちらに参加した。会社の同僚の伊藤さんが開催の委員になられ頑張っていたのが印象的だった。
地元千葉開催ということで、妻・高校1年の長女・小学校6年の次男を連れて4人で夜歩くことができた。
夜は、ルミナリエがきれいでHOPEの文字もルミナリエでつくられて幻想的だった。
来年もまた参加してみたい。
平成22年9月18日

MDRT Annual Meeting に行って来ました。
6月13日〜17日 冬季オリンピックのあったカナダのバンクーバーで開催されました。
昨年に引き続きリーマンショックの影響なのか、参加者が思ったより少ない感じでした。発表では5500人だそうです。
2008年のトロント大会は8000人くらいだから、ちょっと寂しいかな。
今回の全体に流れるテーマはパンフレットに載っていないが、きっとこんな感じ?
「困難に遭遇したとき、何をすべきか冷静に考え行動する。そしてけして諦めてはいけない。」
「困ったときは仲間に相談してみよう。困った仲間みつけたら手を差し伸べよう。」
講演の流れの中で潜在的にテーマになっていたような気がします。
この二つは、何もMDRTに限ったことではなく、
社会の中で生きていく我々にとって非常に大切なことですね。
平成22年6月20日

早朝6時にドライブに出かけた
目的地は我孫子市民体育館。
高校一年生の長女がなぎなた部に所属しており、なぎなたの大会に送っていっただけなのだが。
利根川がすぐ脇を流れており、土手まであがってみた。
長女はこのような大きな川を今まで見たことが無いと言っていた。
今までの一番は狛江から見る多摩川だと。

今日は、いよいよバンクーバーへ出発だ。
毎年恒例のMDRTAnnualMeetingに参加するためだ。
オリンピックの開催された街でであり、非常にきれいな街とも聞いている。
いろんな仲間と再会できるの楽しみだな-。
平成22年6月13日
すごい夢を持ったシンガーソングライターに会った。松尾貴臣さんだ。長崎出身で千葉在住の彼は、日本全国47都道府県でコンサートをするという夢を持ってから既に46都道府県で実施。7月に最後に残った青森でコンサートを開くらしい。そして、ちょっと前から「新しい夢」をスタートしていると聞いた。長崎出身の福山雅治を尊敬しているので、長崎市稲佐山野外ステージで1万人の観客を集めコンサートをすることだという。今だとそこまで集められないので、10年後の2020年4月17日(誕生日だそうだ)にコンサートをするために、チケットを1万枚作って販売しているのだという。この話を聞いて応援することを決め、チケットを購入させていただいた。自分の夢の応援団の妻の分も購入した。1枚1000円でこんな大きな夢に一緒に参加できるなんて、すっごいリーズナブルだ。
実は、私も2020年に達成する夢と野望を持っている。大それた夢ではあるか、仲間に話したり、クライアントに話したりしている。
必ず実現させると決めている。だからこそ、松尾さんの話を聞いて、シンクロしているように感じた。
偶然お会いした松尾さんだが、出会いはなんだか必然のようにも思える。
まあ、今日は最高に楽しい一日だった。帰宅して、妻にこの話をしたら、超乗り気で2020年に長崎に行こうと言ってくれた。
もちろん、私の夢も実現して、妻と2020年にはアメリカに行く予定だ。
平成22年5月13日
今週は、子供に関するニュースで気になったものが二つありました。
一つめは、子供手当目当てに兵庫県の外国人が奥さんの母国で養子縁組みを550人以上と結び、子供手当を申請したというもの。合計すると8000万円を越える所得が発生することになる。このことは子供手当を政府が掲げたときから、心配していたことだが、本当に困ったことだ。少子化対策には、本質的なことを考えていかないと、子供をお金目当てに使うこのような嫌なニュースが今後も出てきそうだ。
二つめは、どこかのチンパンジーが病気で亡くなった子供の亡骸をミーラになるまで、おぶっているというニュース。チンパンジー全部がこのような行動を取るわけではないので、この地区の文化?なのかもしれないということだ。家族への愛情などからこのような行動になるのかどうかはこれからの研究に委ねるのだが。愛情に近い感情のようなものから起こる行動だとしたらすごい発見になるのだろう。
ここ数年、人間の親が子供にひどいことをする嫌なニュースがよく聞かれるが、そのような親にこのチンパンジーの「爪のあか」を煎じて飲ませるしかないかなどと思ってしまった。
この象徴的な二つのニュース皆さんはどう思いますか。ぜひ意見をお聞かせください。
平成22年4月28日

「おめでとう銀メダル、日本ホッケーチーム!」
今朝5時に目が覚め、NHK総合テレビでパラリンピックアイススレッジホッケー決勝戦を観た。アメリカチームを相手に、接戦の末やぶれはしたが、見事な準優勝だ。強豪アメリカチームは、ここまで無失点の上、毎試合3点以上あげていた。2−0は善戦と言えるだろう。あさズバのみのさんがここの所(北京オリンピックからだが)パラリンピックについて、大きく取り上げている。10年以上前の「パラリンピックって?」と誰も知らなかった時に比べれば大きな進歩だ。
アイスホッケーを初めて観たのは、小学校6年の時の札幌オリンピックだ。黒いパックが飛び交うスピードにしびれた記憶。
日本が上位3チームに入りそうで、メダルを期待したのだが、実はBグループの中での順位だった。アメリカやソ連という強豪チームとは戦うことすら出来なかった事をオリンピックの中盤で知った。Aグループが本来のメダル争いで、Bグループの強豪スイスは1位でも全体の9位(7位だったかも)という悲しい事実。Bグループは言ってみれば2軍の大会だったのだ。
最近のオリンピックでは、日本チームは参加すらできていない。だからこそ、今回の銀メダルはすごいと思う。
もう一度叫ぼう「おめでとう銀メダル、日本アイススレッジホッケーチーム!」
平成22年3月21日

バンクーバーオリンピックを観て毎日楽しんでいる。
オリンピックはまさにスポーツの祭典。各々の競技のスーパーアスリート達が、タイムや演技を競う。
そのオリンピック中継で久しぶりに聞いた「ボーゲン」という言葉。
スキーをしたことがある人なら、誰でも知っている「ボーゲン」。スキーを「ハの字」にして滑る初心者御用達の滑り方だ。
この「ボーゲン」をオリンピックで見られるとは思わなかった。
今回から採用になった「スキークロス」という競技。スノーボードクロスは前回から採用されている。
スキーのモトクロスというような意味らしい。元アルペン競技の選手だった人が出ておりエキサイティングな競技だ。
予選のタイムアタックでは多くの選手が「ボーゲン」を駆使してスピード調整をしていた。
スピードが出過ぎるとコースで跳びすぎてタイムロスにつながるからなのだが。
一流のアスリートスキーヤーが「ボーゲン」をする光景は、なんだか不思議で滑稽だったりする。
平成22年2月22日

通信型無線機 FTDX9000 Contest のバージョンアップが完了して、1か月ぶりに戻って来た
北米等ではすでにPEP-9000と呼ばれ、WEB上から 最新ソフトの更新が出来るようになっていたらしいが、
わが家の9000もやっとソフト更新可能バージョンになった。
今回はメーカーが無償で内部ユニットを最新にしてくれたので助かった。
せっかくなので、液晶ディスプレイTFT-9000をメーカーで取りつけてもらった。
使い勝手が悪かったバンド切り替えとデータ表示のファンクションSW類が整理され使いやすくなった。
これで実際に中身だけでなく見た目も限りなく FTDX9000 D になった。
平成22年2月16日

通販好きの私
今回は日本通販でCD録音機能つきオーディオを購入しました。
昔のレコードを持って来て、CDに録音できるすぐれもの。
ただ、29,800円という価格なので、レコードプレーヤーの作りが貧弱で、やたら音トビする。
3年前に購入したアイワのレコードプレーヤーをAUX端子に接続し、レコード再生したら
上手くいった。
昔のレコードを引っ張り出して録音して車の中で昔を懐かしんでいる。
平成22年2月8日

さて、年末大掃除。
なかなか大掃除が終わらない。
自分の担当は離れの仕事部屋の片づけとリビング周辺につまれた本の山だけだが、
簡単そうで、なかなか大変である。
小説のたぐいは本屋で買っては来たが読んでいないものが10冊ではすまない。
車関係のムック本も10冊ではすまない。英語関連の本、アマチュア無線関連の本、自己啓発の本、コミュニケーション関連の本
仕事に関連する情報誌、経済関係の月刊誌・・・・・・・・・・
なんだか読んだものと読んでないものを分けるだけと思いながら読んでしまう。
明日は大晦日  なんとかしなければ。
平成21年12月30日


モンブランのペンを愛用している。
書き味が非常にスムーズなファインライナーが特にお気に入り。
初めてのモンブランはMDRTに5回連続登録したときに、分会から記念に贈られた名入れのモンブランジェネレーション。
2本目は、19年7月にハワイで購入したスターウォーカーレジンのファインライナー。
3本目は、19年10月に千葉そごうのブティックで購入したニューモデルスターウォーカークールブルーのボールペン。
4本目は、20年12月に銀座本店で購入したスターウォーカーレジンのボールペン。
5本目と6本目は今年の8月にハワイで購入したスターウォーカークールブルーのファインライナーに
100周年記念モデルの万年筆。これはヘッド部にダイヤが埋め込んである。
どれも毎日の仕事に使用している。
興味があれば写真を見てほしい。
平成21年11月14日

不思議な呪文「お弁当にチャンチャンキャン!」
それは、東京駅を発車した特急「しおさい」の中で起きた。この日、前日からの塩釜・郡山出張から帰ってきて2号車に乗車していた。1号車からやって来た車内販売員(男性)は甲高い声で「お弁当にチャンチャンキャン!」と呪文を唱えて歩いていた。
お弁当を数セットにお茶やビールを小脇に抱え「お弁当にチャンチャンキャン!」と何度も呪文を唱えるのだ。それは中川家の弟さんななめ45度のオカヤスさんの車掌の物まねとそっくりなとても甲高い声。何度も耳を澄まして注意深く聴いてみるのだがやはり「お弁当にチャンチャンキャン!」。1号車から9号車まで1往復して戻って来た彼の抱えているのを見ると弁当などはほとんど売れていないようだった。そして私の前を通り過ぎて1号車に行ってしまった。気になって仕方ないので、1号車から再びやって来た呪文を唱える彼に声を掛けてみた。私「すみません」。彼「はい?」。私「お弁当にの後、なんて言っているんですか?」。怪訝そうに彼「??」。再び私「お弁当にの後なんて言っているんですか。すごく気になったものですから。教えてください。」。彼「お弁当にお茶、ビールはいかがですかと言っています。」と甲高い声でとっても早口に答えた。「お弁当はいかがですか」と彼が言い、申し訳ないのでとりあえずビールを買った。そしてまた呪文を唱えながら3号車の方へ歩いていった。通路の反対側にいた二人組のビジネスマンも同じように不思議な呪文に興味を持っていたようで、「説明してたけど、やっぱり早口で何言っているかわかんなかったよ!」と顔を見合わせ笑っていた。  平成21年10月28日

昨年9月にiPhoneを買った。通常の携帯はdocomoを使っているので、
携帯できる端末および海外で使用可能な電話として利用しようと考えての購入だった。
マニュアル等冊子になったものは無いなど、私にはとても使いこなせない代物だ。
いまだ、ituneとかいうソフトも上手く使えない。
今月になって(1年かかって)iPhone本体ソフトのバージョンアップをやっと行ったところだ。
これでバッテリーの持ちが良くなるらしい。
iPhoneを使いこなしている人がいたら、使い方を教えてもらいたいと、本当に思っている。
なにやら、面白そうなソフトもたくさん用意されているらしいが、今の私には関係が無い状況でなんだか悲しい。
平成21年9月8日

大学2年生になった長男智仁くんとカレスト幕張に行った。
彼が1歳のころ、Gr.AのR32GT-Rが鮮烈デビューし、ぶっちぎりの速さでツーリングカーを席巻した。
前年まではフォードシエラが速かったのだが、文字通り「次元の違い」を見せつけた。
彼が憧れたそのマシンを目の辺りにし、彼も私もご満悦といった感じ。
Z34にも試乗した。マニュアルとATの両方に乗ってみた。
智仁くんはZ34のATとV36スカイラインクーペを運転した。
やたらうれしそうだった。
平成21年7月12日


今年もツバメの親子が我が家で過ごした。
5月中旬にツバメ夫婦がやってきた。
卵を産み、いつものように温めて、6月に5羽の子供が無事に生まれた。
毎日親ツバメはせっせと餌を運んでくる。
生きたトンボが多いようだ。
6月後半には、親に連れられ飛行訓練の毎日。
7月上旬無事に巣立っていった。
平成21年7月9日

仕事終了後、会社の仲間15人で、千葉マリーンスタジアムに野球を観戦に行った。
ピクニックシートという、仲間5人でテーブルを囲む楽しい観戦だった。
ビールもうまい、ほどほどに暑い夜だった。
ロッテvs広島戦。試合の結果は 23対2でロッテが勝った。
1イニングに打者20人、15得点という新記録の試合。
こんなスッゴイ試合に遭遇するとは、めっちゃツイているかも。
平成21年6月11日


市川浩子「働く女(ひと)の伝わる話し方の新ルール」出版記念パーティに参加した。出版にかかわられた多くの方や、市川氏に影響を与えられた方が参加していた。イベント会社の代表の方、詩人の方、コーチングの先生、営業コンサルタント会社社長、作家、フラワープロデューサーなど多彩な人脈で華やかだった。
このようなパーティには縁がなかったので、少し緊張した。
書籍の中身は、女性でない私でも感心させられる内容だった。
平成21年5月23日

第39回MDRT日本会大会に参加した。テーマが「信頼」 Can you Trust Yourself?
龍村仁氏(映画監督)、江原啓之氏(スピリチュアルカウンセラー)、渡邉美樹氏(ワタミ株式会社CEO)の基調講演はどれも
すばらしかった。そして講演ではないがアツキヨという男女ユニットのライブがすごかった。ステージを見つめる2000名の
MDRTメンバーの何人が涙を流さずに過ごせたのだろうか。
聴覚障害のある女性「キヨ」が歌うkiseki〜もうすぐ起こる奇跡を信じて〜を聴いて震えてしまった。
諦めない事のすごい力を改めて思い知らされてしまった。
いつもそう思っている私だが、
奇跡ではなく信じていれば夢は叶うという真実に、改めて気がつかされた。
平成21年4月10日

自宅のコンピュータが不調で、ホームページの更新が上手くできずにいた。
WBCも日本の優勝で良かった。
小学校4年の次男と毎日のように野球の話で盛り上がり、楽しむことができすばらしい3週間だった。
明日から4月。新年度だが、東日本のJRでは駅のホームが全面禁煙になるらしい。
喫煙者にはキツい状況変化だな。
平成21年3月31日

WBCのもついに決勝ラウンド。今日韓国がドミニカに完勝したので、明日は日本もアメリカにぜひ勝ってほしい。
前回に続き連覇をきたいする。
平成21年3月22日
昨日、品川で行われたソニーバンク主催の投資関連のセミナーに行ってきた。
ファイナンシャルプランナーのえらい先生とアセットメント会社の方から
分散投資や今後の傾向など話を聞いてきた。
平成21年1月27日
今日から平成21年。昨年子年ということで年男の一年だった。今年は49歳になる。どんな一年になるか楽しみだ。
初詣に成田山に行く予定だが、混んでいるかな。
平成21年1月1日
先週、中学の同窓会があった。40歳を過ぎてから始まった同窓会も今回で7回目。みんないいおじさんとおばさんになった。
自分たちの子供が高校生や大学生、もちろん社会人になっているものまでいる。中には子供が結婚しているものまでいるんだから、当たり前か。
中学を卒業して33年。でも1年に1度だけタイムマシンにのってあの頃に帰ったようにはしゃいでいる。
今年は恩師の先生も2名参加してくれた。
国語と社会を教えてくれた井上先生。井上先生は狛江に淡水クラゲが生息していた事を教えてくれた。
保健体育を教えてくれた小野寺先生。剣道が上手だった先生でアマチュア無線の相談にものっていただいたことがある。
平成20年11月29日
織田裕二テレビドラマ3部作「振り返れば奴がいる」「お金がない!」「正義は勝つ」がDVDになり発売された。早速購入し視聴した。http://www.ponycanyon.co.jp/odayuji/
どれも、15〜13年くらい前にフジテレビで放映されたもので、それぞれ織田裕二が「天才外科医師」「どん底から成功する外資系保険営業マン」「敏腕弁護士」を演じている。特に「正義は勝つ」は本放送後、一度も地上波で再放送されていない(CSで一度再放送されたらしい)ため、わが家では幻のドラマになっていた。テレビの情報番組などで、「正義は勝つ」ドラマ中の音楽が頻繁に使われていたので、ぜひもう一度、このドラマを見たいと思っていたので、今回のDVD化は私たち夫婦にとって、すばらしいプレゼントになった。ポニーキャニオンさんありがとう!
今日、前から興味のあった「手相」を観てもらった。初めての経験だったが、自分の事をどっかで聞いてきたのではないかと思うくらい言い当てられてびっくり。さすがにプロの先生はすごい。
平成20年9月23日
昨日、「リレー・フォー・ライフ」に行ってきた。昨年、関西芦屋で開催された模様をビデオで見て知っていたが、今回会社の同僚から誘われて、ボランティアとして、参加させていただいた。延べ2000人程の参加が見込まれていると聞いたが、多くの方が
家族や友人と一緒に参加していた。参加されている方が笑顔を絶やさず楽しみながら参加していたのが印象的だった。
参加するまでは、もっと重い空気を想像していたので、びっくりした。
平成20年9月15日
MDRT年次総会から帰ってきた。出発前に準備中だったツバメ家族は無事巣立っていった。
初めてのカナダトロントは楽しかった。MDRTは22日のオープニングレセプションから26日のフィナーレまで、世界各国から集まった8000人を越えるトップセールスの仲間たちで活気に満ちていた。
22日の10時には、予定通りMDRT2009年会長のWaltonと遅い朝食をご一緒した。今回の会議後会長に就任する立場で、今年度もExecutive Committee5名のひとりで忙しいハズだが、我々のために時間を作ってくれたことに感謝したい。
MDRT2007年会長のPhilip、MDRT2008事務局長Julian達とも 千葉のMDRT Experience以来の再会で楽しんだ。
Julianの奥様Wendyとは初めてお会いしたが、Julianから私の事を聞いていたようで、大変親しげに応対いただいた。
Philipにオリジナルチョコレートをプレゼントしていたため、奥様Christieからは、「チョコレートを食べ過ぎると太るから困るわ!」と言われてしまった。(笑っていたからジョークだが)
今回ファーストタイマーの仲間、京都の山崎くんも一緒に行ったが、楽しんでくれたようで良かった。

平成20年6月30日
今年も春にツバメの夫婦がやってきた。今回5羽の子供を育てた。もうすでに大きくなって、巣立つ準備中だ。毎日親ツバメとl飛行特訓中だ。今週末か来週には子ツバメも巣立っていきそう。
私は明日からMDRT年次総会でカナダトロントに出かけてしまうので、このツバメ親子が巣立つ場面に立ち会えないかも知れない。
トロントでは、会議が始まる前にMDRT2009年会長のWaltonとホテルのロビーで待ち合わせたので、お茶でもしよう。
平成20年6月19日
4月11日〜13日 MDRT Experience が千葉幕張で開催された。
6000名の仲間が集まり、研修をしたり、パーティをしたり大変な盛り上がりであった。
11日には、2007年会長フィリップハリマン氏と2008事務局長ジュリアングッド氏と私そして妻の4人で食事をした。
その後、二人は私のオフィスに来てくれ仲間にも紹介できた。
妻は、こんなチャンスに巡り合えて幸せだと言っていた。MDRTに初めて登録した2002年にはとても想像出来なかった事だ。
13日のフィナーレ後に2008年副会長ウォルトンロジャー氏とは軽食を一緒にする約束になっていたが、大勢の中で会えずに実現できなかった。少し残念。
しかし14日の午後5時にウォルトン氏が、アポなしで突然私の事務所に訪ねてきた。あいにく私が外出後で会うことが出来なかったが、会社のスタッフはびっくりしていたようだ。「Koichiを驚かせようと電話をしないで来た!」と言っていたそうだ。
2009年のMDRT会長にしてはお茶目な方だ。
こんなふうに、新しい気づき・感動・そして新たな出会いを経験しながら、夢のような3日間はあっと言う間に過ぎた。
平成20年4月15日
4月11日〜13日に地元千葉幕張で MDRT Experience が開催される。
MDRT Annual Meetingには毎年参加し、毎回感動しているが、
今回日本の幕張で
MDRTの世界のメンバーが集うなんて、すごすぎる。
5000人を越える各国からのメンバーを迎えることができ、本当に楽しみだ。
いつもアメリカからハイテンションで帰ってくる自分を見て、家内も今回MDRTに触れてみることになった。
MDRT2007年会長のPHILIPも家内に会うのを楽しみにしてくれている。
唯一心配なのは、3日間英会話が続けられるかだけだ。
平成20年4月8日
平成20年がスタートした。年始の休みも昨日まで。今日から仕事。
昭和の時代に社会人になって、ずいぶんとおじさんになってしまった。
4度目の年男でもある。
今年一年、年男らしく頑張ってみよう。
これから、会社の同僚の歓送迎会(人事異動でメンバーが入れ代わるので)。
千葉中央駅の近くだったかな。そろそろ出かけよう。
平成20年1月4日
Nissan GT-R の発表を現場で目撃することができた。こんな機会は滅多に訪れないことだと思っていたので、
すごいラッキーだ。
本日午後1時50分に、GT−Rがベールを脱ぐと雑誌(ベストカー)に書いてあったので、
1時15分から日産ブースのメインプラットホームで待機。
本当にすごい。日本のテレビ局はもちろんだが、海外のテレビ局スタッフもたくさんいた。
私の隣にはインドのテレビ局クルーがおり、現地のクルマ好きの間でも話題だと。(英語で聞けた)
42分からはニュルの走行シーンで盛り上げ、50分ジャスト、ゴーンCEO自らドライブして登場。
ゴーンCEOのプレス発表は英語であった。雑誌の予想通り480馬力。
平成19年10月24日
千葉市商工会議所と会計事務所主催のセミナーに行ってきた。
スポーツジャーナリストの二宮清純氏の講演である。
中小企業の経営者を対象にした講演であったが、勉強になった。
テーマは著書にもある「勝者の思考法」
リーダーに必要な物として二宮氏はMission Passion Action の3つをあげていた。
実はこの3つ、自分も常々意識しており、リーダーに限らずプロに必要な要素だと思っている。
そして二宮氏は最後に「背中を見せろ!」と言っていた。
これは経営者が社員に、監督が選手に、そして父親が子供にということだ。
これもまた、自分は意識している。でも、なかなか「かっこいい背中」は子供に見せられていないかも知れない。
平成19年10月5日
全国レディーステニス千葉県大会のお手伝いに行った。
会社の同僚と一緒に、スコア表を記入したり、選手の皆様の写真を撮ったりと一日、天気の下で過ごした。
この日はGブロック・Hブロックの三回戦、四回戦だったが、さすがこのくらいまで勝ち残る選手たちはかなり上手だ。
正直、「主婦のテニス大会」と実力には期待をせずに参加したが、帰るときには選手の皆様に「明日も頑張ってください!」と
心の底から声を掛けていた。
一所懸命スポーツに取り組む姿はすばらしいと改めて感じた一日だった。
平成19年9月26日
今日は地元地域親睦ソフトボール大会。もう30年も毎年恒例でお父さん達と若者が入り交じっていい汗を流す。
運動不足の自分も2試合参加した。1試合目は迷プレイを繰り返し、あまり貢献できなかったが7対6でチームは勝った。
2試合目は3打数3安打、4打点、2ホーマーうち1本は「さよならホームラン」と大活躍?し、13対12で連勝した。
わが地域のチームが連勝したのは第1回大会以来の快挙?ということで、試合後の食事(宴会)は・・・・・

少年野球をしている次男にも自慢できる?結果で充実した休日だった。
平成19年8月19日
7月12日にツバメが孵化しないと書いたが、5羽孵化した。1羽は巣から落ちて育たなかったが、残りの4羽は無事育っている。
親ツバメは、なんでかやたらトンボを捕まえてきて、子ツバメに与えている。でもうまく食べることができず、車庫の中は弱ってしまったトンボでいっぱいだ。
今も、ツバメが「ビービー」と鳴いている。
午前中、小3の次男ゆうじの野球の試合を見に行ってきた。午後から仕事のため、最後まで観戦できなかったが2か月ぶりに見た次男は、デッドボールで出塁した。2か月でだいぶ巧くなってきたようだ。

来週24日からハワイ島に行く。普段は休日返上で仕事ばかりで家族サービスできずにいるので、家族から見捨てられそうで心配だ。今回は長男は勉強のため行けないが、家族4人で楽しめればいいなと思う。
平成19年7月21日
今年もいのちのアサガオ」が咲いた。朝が忙しくまだ目にしていないが、家内が昨日「一輪咲いてたよ!」といっていた。夕方見に行った時には残念ながら、わからなかった。今度朝早く見に行ってみようと思う。
ひまわりも2輪咲いていた。こっちはゆっくりと観察できた。次男よりも背高だ!
そういえば、わが家に住みついたツバメ親子は無事子供たちが大きくなり巣立っていった。その後新しくツバメ夫婦が卵を抱いていたが、今度はうまく孵化しなかったようだ。ちょっとかわいそうで残念だ。
あさって14日は出身中学狛江三中の校友会だが、集まりが少なそうでちょっと心配だ。なにはともあれ旧友と会うのは楽しみだ!
平成19年7月12日
わが家に住みついたツバメ夫婦の子供が産まれた。4日くらい前に7羽生まれた。残念なことに巣が小さすぎ、昨日1羽転落事故で死んでしまった。現在6羽が「ピーピー!」にぎやかに鳴いている。
写真を撮ろうと試みたがうまく撮れなかった。

1億2千万の金の風呂が、小湊のホテル三日月から盗まれた。
昨年8月12日にこのホテルに宿泊し”話のタネに”と、この風呂に入ったが、本当に”話のタネ”になってしまった。(家族の記録平成18年8月12日参照)

平成19年5月31日
昨日、あしながPウォーク10に行ってきた。2003年の秋から参加しており、今まで3人の子供が誰かいっしょだったが、ついに今回は夫婦2人で参加になってしまった。長男は東京に下宿、長女は塾で定例試験、次男は野球の試合と子供たちは大忙し。
親2人が、一番忙しくないということらしい。
こうして、だんだん子供たちが親から離れていくのかなと少し寂しい。

初めて参加したとき次男は幼稚園児で3時間かかったが、今回夫婦で歩いて2時間だった。
以前子供と一緒に歩いて1時間45分のこともあったのに、意外とはやく歩けないことに気がついた。
平成19年5月14日
ツバメの夫婦がどうやら卵を生んだようだ。
巣作りしていた頃は、日中ツバメ夫婦はそろって外出していたが、このところ夫か妻かはわからないが
必ず、どちらかがご在宅である。
もうすぐジュニアが見られるのだろうか。

ゴールデンウィーク中、長男に手伝ってもらい、パソコンのOSを入れなおした。
なんとかフリーズしなくなった。
外づけのHDDに、ファイルを転送してリカバリーをかけた。
これでやっとこのページの更新ができそうだ。
平成19年5月8日
わが家にツバメの夫婦がやって来た。ガレージの天井に巣を作りはじめた。家族みんなで、無事に安心できる巣が出来ることを願っている。そして、彼らの二世が生まれ巣立つのを楽しみにしている。

そういえば、2月から自宅のパソコンの調子が最悪だ。なんだかすぐにフリーズしてしまう。
初期状態に戻すのがいいのだが、いろいろなファイルをとりあえずバックアップしなければ、作業が出来ないのが辛い。ファイルの転送や、外部媒体へのコピーもスムーズに出来ず、本当に困っている。
そんなわけで,ホームページの更新もなかなか出来ずにいる。
2月からずっと、ゆっくり休みが取れたら、作業しようと思っている。
平成19年4月15日
今日、わが家に Z33 FAIRLADY Z がやって来た。久しぶりの2ドアクーペだ。
17年前に Z32の2by2を検討したが、長男が1歳でチャイルドシートの取りつけのためR32 typeMにしたときから
自分にはZは無理かなと思って来た。
その長男も今年高校3年になる。末っ子も今度小学校3年だ。
もう既に「いいオジサン」だが、オジサンなりに車を楽しめる歳になった。
これから、ときどき妻を助手席に乗せ、遠出もしてみよう。
いままで頑張ってくれたV35スカイライン。 友人のところに嫁いでゆくが、
「またそこで頑張ってくれ!」
「5年間お疲れさま!」そして「ありがとう!」
平成19年2月9日
本日、わが家も光になった。田舎なのでやっと今年からサービス開始となり、早速ADSLからくら替えだ。
今までは50Mの契約でありながら、局舎から遠いため1Mのスピードがやっとだったので、それなりに効果があったようだ。今度は50M前後のスピードで使えるので楽しみだ。(SPEEDサイトの計測で)
まあ、映画を見るなどの利用に使っていないので、それほどスピードアップの利益はないが。
ほとんど自己満足だけかも知れない。
平成19年1月30日
平成19年がスタートしました。わが家の恒例で成田山に初詣にいって来ました。家内と結婚する前から行きつづけて20年連続です。正月三が日はゆっくりしました。次男裕二ととNHKの「MAJOR」(再放送)を見入ってしまいました。
1年以上前からこのアニメにハマってしまった。主人公のゴローがとっても気に入っている。
どんな人生も、選択と実行の繰り返しだが、大事なのはその選択基準だ。
「得か損か」「楽か苦しいか」「安全か不安定か」「従来通りか新しい試みか」「みんなと一緒か独創的か」など、
そのときどきで選択する基準を自分の都合で変えるのが普通の人間だ 。
でも、ゴローは違う。
常に自分の「志」と会話したかのように、「後悔しない道」の方を選んでいる。
一見辛いように見え、遠まわりのようにも見えるが、実は自分に素直に生きるのが、自分の目標に近づく一番の近道であることも、教えられる。きっとこんな生き方が私の心を捕らえてはなさい理由なんだとおもう。
平成19年1月4日
早いもので、もう師走。年々1年がどんどん早く過ぎるように感じる。小学生の頃は、本当に1年は長かった(いい意味で)。いや1日自体が長かったような気がする。学校に行って勉強し、10分の休憩時間でも、校庭に出て「ドッヂボール」をした。昼休みだって無駄にはしない。給食を食べおわったら、校庭に出てまた「ドッヂボール」。学校から帰ったら、ランドセルを置いて、グローブとボールを持って校庭にすっとんで行った。みんな次々集まってくる。当たり前のように野球をした。夕方飽きて来たら、「缶蹴り」だ。日が暮れてくると、ボールをあてあうゲーム「へーご」をして誰が最後にボール片づけするかスリルを味わった。(誰が名付けたか知らないがこの名前で呼んだ罰ゲームで、最後にボールを持っている者が体育倉庫にボールを後片づけするという遊び。狛江四小では流行っていた。)そして帰宅後、泥だらけになったからだでお風呂に入る。そして夕ご飯。食後はアニメを見たり、プロ野球中継を見たり。そうそう、土曜日の夜9時は「キーハンター」に熱中した。
本当に一日で、いろんな事ができた。
今はというと、10分程度の休憩では「たばこ吸う?」と同僚に声をかけるくらいだ。外に出て「ドッヂボール」をするなんて思いも浮かばない。
今年もあと3週間あまり。悔いのない1年にするために、1日毎大切にすごそうっと。
平成18年12月7日
すっかり秋めいて来ました。2ヶ月前の熱い甲子園を思い出して、早実の斎藤佑樹くんについて独り言。野球ファンのお父さんのみならず、老若男女から好感をもたれた高校球児は過去を見てもそんなに思い出せません。家内も彼のファンになってしまいました。彼の魅力って?と改めて考えてみると。・落ち着いた姿・優しくて上品な顔だち・チームメイトへの信頼・清潔感・謙虚さ・知性を感じる受け答えなどのイメージと同時に・粘り強さ・闘争心・負けず嫌いというどちらかというと激しいイメージを合わせ持っているのに気がつきます。試合が延長になって150球を越えてもここぞという勝負時には146キロ、147キロの生きたストレートを投げ込む姿に、強い衝撃を受けました。そして大学進学について、「大学で人間として磨いていきたい」「永年の夢を実現したい」など
素晴らしい受け答えの記者会見。そして最後は、自分の分だけでなく、他人の椅子まで揃える姿。うちの息子も高校2年だが、「あんな風にできたらなー」とため息。そして気がついた、「私の息子だもん、無理だよナー」と
平成18年10月16日
このところNHKで放映されている「宮廷女官チャングムの誓い」にはまっています。家内から「○○さん(知人)のご主人がチャングムに夢中らしいよ。面白いから見てみたら」と薦められたのがきっかけです。
28話から見はじめ、見事はまってしまいました。ビデオで23話から見なおしているところです。
主人公のチャングムは自分の志に沿い正しいことをしているだけなのに、それを疎ましくおもうまわりから中傷され、無実にもかかわらず、やたら罪にかけられ、罰を受ける。
でも、しっかり目標を見据え(目標も進化しているように感じるが)、それに向かって着実に成長していく姿はとってもかっこいい。と素直に感心しまくりです。
見たことない人ももしかしたら、私のようにはまってしまうかも。
韓国ドラマにはまっている家内とも少しだけ共通話題が出来たというオマケもありました。
平成18年10月11日